FC2ブログ

竹島問題紙上討論会(24)

amature  推薦 : 367  反対 : 4  作成: 2010-04-25 11:50:18
>Mr.X 様 「推測に根拠が必要でしょうか?」
 必要ですね。例えば、根拠なき推測の一例を示してみましょうか? 「韓国はラスク書簡など国際社会の制止を無視して竹島に対する武力侵略を行った。その後も歴史的経緯とやらを一方的に打ち上げるだけで対話にも応じず、ハーグの国際司法裁判所にも出廷する気配はない。更には対馬を韓国領土と主張してみたり、日本は半島出身者が作った国だ(歴史的に日本は韓国の一部だ)と主張したりしている。いずれ、韓国は日本に対し武力侵略を開始するつもりに違いない。日本にとって最悪の侵略国家だ」 イメージと薄弱な根拠だけで推論を立てるとここまで言えるんですが、どう思います? 根拠なき推測はただのファンタジー、暴論だということを理解いただけませんか?
 
amature  推薦 : 285  反対 : 4  作成: 2010-04-25 11:51:03
>Mr.X 様  「故李承晩初代韓国大統領も若い時に日本の横暴を目の当たりにして憤慨し、後年竹島の強奪を敢行したのではないでしょうか?」
 根拠なき想像では弁護になりません。「当時極東で日本に対抗できる軍事力を持つ国はロシアだけでした」 大ウソです。もし、そうなら日本は三国干渉に屈する必要もなく、日露戦争に日英同盟を必要とすることもなかったでしょう。当時極東でロシアに辛うじて対抗できる可能性のあった国が日本だけだった、ということです。日露戦争で日本が払った犠牲の大きさを知らないんですか? 歴史を云々するなら司馬遼太郎の『坂の上の雲』くらい読んでおきましょうや。
 「これでは韓国が日本の竹島編入に異議を唱えることなどできるわけがありません」
 はあ? ですから、1905年に高宗がロシアに密使を送った件は無視ですか? 思い込みだけで書き込むのはやめましょうよ。イメージの世界に逃げ込まれてはどうしようもないですな。
 
amature  推薦 : 235  反対 : 4  作成: 2010-04-25 11:51:37
>Mr.X 様 「私は貴方がたに論争を挑もうなどとは思っていませんでした。結果的に論争のような形になりましたが、対等の論争ではなく、知識が乏しい私が知識が豊富な貴方がたにいろいろと教えて貰いながら自分のシロウトなりの意見を述べているだけです」    
はあ、そうですか? では、私が提示した資料についてきちんと確認した上で反論なり質問なりをお願いします。今のままでは、既に論争でも何でもなく、貴方が自分のイメージを盲目的に並べ立てて駄々をこねているようにしか見えません。私の方は、既に、反証をあげています。反証が受け入れられないからと言ってイメージの世界に逃げ込むのは勘弁して下さい。
 
amature  推薦 : 218  反対 : 3  作成: 2010-04-25 13:02:08
>Mr.X 様  最後に。以前にも引用しましたが、講談社学術文庫イザベラ・バード著『朝鮮紀行』第37564「日本にとって一衣帯水の国が失政と破滅の深みへと年々沈んでいくのを黙って見すごすわけにはいかない、国政の改革が絶対に必要であるというものだった。日本がこの例外的な責務を引き受けたその最終目的はどこにあるか、それを憶測する必要はない(中略)日本がなみなみならぬ能力を発揮して編み出した要求は、簡単で自然な行政改革の体裁を示していたことを指摘すればこと足りる。わたしは日本が徹頭徹尾誠意をもって奮闘したと信じる。経験が未熟で、往々にして荒っぽく、臨機応変の才に欠けたため買わなくてもいい反感を買ってしまったとはいえ、日本には朝鮮を隷属させる意図はさらさらなく(後略)」とあります。同時代の記録としてご参考までに。
 
IZUMO  推薦 : 240  反対 : 2  作成: 2010-04-25 17:13:44
amature様>どんどん具体的な根拠を喪失して思い込みというかイメージの世界に逃げ込んでいませんか?――こいつの発言に根拠がないのは最初からですが、「思い込み」とか「ファンタジー」などの持って回った言い方をせずに、はっきりきっぱり「単なる妄想」だと言い切ってやらないと理解できないと思いますよ。まあ、理解したらしたで逆恨みするでしょうけど。
 
jake  推薦 : 123  反対 : 3  作成: 2010-04-25 22:57:35
republicさん>お返事遅くなりました。安の二度目の来日の際、彼が「松島は朝鮮の言う子山島(于山島)だ」と主張したのは、日韓の記録に確かにあります。しかし、それをもって、安が松島を正しく認識し、松島を于山島だと断定したとは言えないと思いますよ。日朝の史料に見える安の供述記録からは、日本人から知った松島(今日の竹島)と、古来から伝わる于山島を単純に結びつけたに過ぎないという推測を裏付ける矛盾・嘘が多すぎます。彼の語る于山島=松島の位置(鬱陵島からの距離)、島の大きさ(彼は鬱陵島より大きいと言っている)、また島の様子(大勢の日本人が住んでいる)など、枚挙にいとまがありません。『粛宗実録』の供述記述に至っては、大ボラの武勇伝になっているのは、すでにご存じでしょう。
 
jake  推薦 : 60  反対 : 2  作成: 2010-04-25 22:58:00
republicさん>(続き)また、あなたがいうように、安の認識が朝鮮内でオーソライズされたとも思えません。たとえば、李孟休は安の供述を採用していませんし『春官志』「鬱陵島争界」では竹島・三峯島・于山・羽陵・蔚陵・武陵・磯竹は皆同じ島という認識を示していますね。また、同時期の地図には鬱陵島の近傍の小島を于山島としているものもありますし、一島二名説を採用しているものもあります。『粛宗実録』に記録されたとはいえ、罪人の供述記録ですから、当たり前のことかもしれません。これがオーソライズされたのは、たまたま申景濬が『粛宗実録』中の安龍福供述を少々不誠実なやり方で根拠に採用したことによると、私は考えています。
 
jake  推薦 : 64  反対 : 2  作成: 2010-04-25 22:59:13
republicさん>(続き)さて、申景濬の動機ですが、彼は古来、一島二名説と二島説が併存していることに問題意識を持っていたことによると思われます。彼が『東国興地志』の記述と他の文献や地図を見比べて、于山島が異なる扱いを受けていることに疑問を持っていたことが『旅菴全書』「疆界考」中に語られていますね。この問題意識の中で『粛宗実録』中の安龍福証言を見つけ、注目したのでしょう。彼は従来の一島二名説と二島説の分裂に決着をつけたと躍り上がったのかもしれませんね。その認識が『東国文献備考』「輿地考」の註釈のねつ造になったと思われます。しかし、これも些細なことで、ほとんど影響力はなかった。ことさら注目されるようになったのは、今日の韓国の研究者たちが『東国文献備考』「輿地考」の註釈を持ち出してきたからですね。
 
jake  推薦 : 52  反対 : 3  作成: 2010-04-25 23:00:38
republicさん>(続き)ところで、当時の朝鮮文献を解釈するうえで、当時の宮廷での政治闘争(党派闘争)を考慮しておかないといけません。特に、粛宗の治世はそうです。この事件の取り扱いについても、対日穏健派の領議政の権大運、左議政の睦来善、右議政の閔黯ら南人派と、対日強硬派の南九萬、兪集一、洪重夏らの小論派の確執がありました。その勢力争いの帰趨から、厳しく処断されるはずだった安は、難を逃れます。また、その後の『粛宗実録』全65巻の編纂は、老論派の手によるものといわれますが、これにも権力争いがあった。誰が歴史を記すかは大問題だったわけです。
 『粛宗実録』の各巻末に小論派が編纂した「粛宗実録補闕正誤」が付けられているのは、他の王の実録には見られないところですが、党争の妥協の名残ですね。先述の鬱陵・于山二島説、一島二名説も、この権力闘争の道具になったことも十分考えられることだと思います。申がどういう王朝の中でどういう立場だったか、私はくわしく知りませんが、案外と、そういう線から答えが見つかるかもしれません。
 
jake  推薦 : 47  反対 : 3  作成: 2010-04-25 23:04:52
republicさん>(続き)朝鮮では安の供述を確かめるために、松島(現・竹島)に渡った形跡もないし、その後も二島説を証明するための于山島探しが長い間続きます。これも松島が于山島という認識が定着しなかった証拠でしょう。
追伸 島根県と半月城氏の確執については、ご指摘いただいたコラムを読みました。その感想ですが、ずいぶん細部に入り込んで、重箱の隅をつつき合うような論争になっていますね。やはり、全体の中で個々の説のプライオリティを考えればよいと思いますが、竹島問題を超えて、個人間の確執になっているのでしょうね。ただ一ついえることは「輿地志云鬱陵 于山 皆于山國地 于山則倭所謂松島也」の「輿地志云 鬱陵 于山 皆于山國地」でいったん切れて、「于山則倭所謂松島也」は申景濬の見解という半月城氏の言い訳は苦しい。だいたい、韓国側の主張は、そういう解釈を前提にしていませんよね。
 
jake  推薦 : 337  反対 : 3  作成: 2010-04-25 23:53:25
Mr.Xさん>横レスです。「貴方(republicさん)が仰るように、韓国の人々にとって独島は反日・抗日・克日の象徴であり、国のプライドが懸っているどうても譲れない領土ですよね」について --
 「独島は反日・抗日・克日の象徴」というのが誤った認識であることはすでにお話しましたが、こういう誤認識を韓国民に植え付けた者がおり、今も植え付け、仕向け続けている者がいるということでもありますよね。こういう韓国側の態度・体質も、この問題に含まれていると私は考えています。これは日本側の一方的な理解と妥協では解決できない。そう思いませんか。
 
 
Mr.X  推薦 : 3  反対 : 2096  作成: 2010-04-26 02:23:10
ジェイク氏へ:韓国が竹島を占拠してから58年が経過し、ほとんどの韓国人は独島が韓国固有の領土だと信じており、それを日本が返還せよと無茶な要求をしていると感じているのではないでしょうか? 日本政府は、やはり竹島問題に関する日本政府の見解を韓国語で説明したパンフレットを韓国の全世帯に郵送配布して韓国の人々の理解を求める必要があるのではないでしょうか? データベースのファイルに格納しておいても、それを検索して読む人は少ないでしょう。韓国の人々に納得してもらわずに竹島を奪い返しても、後世に遺恨を残すことになるでしょう。 
 
Mr.X  推薦 : 3  反対 : 3594  作成: 2010-04-26 02:41:18
アマチュア氏へ:魏志倭人伝に竹島に関する記事が無いということは、倭国が竹島を実効支配していたともしていなかったとも断定できず、倭国が竹島を実行していたか否かは分からないことになりませんか? これのどこが詭弁なんですか? 私は当然の事を言ったつもりなんですが? 竹島は対馬から遠く離れた位置にある島ですから、倭国が対馬を実効支配していたからと言って、倭国が竹島も実効支配していたとは断定できないはずです。
 
 
(続く)
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chaamiey

Author:Chaamiey
別名 茶阿弥
男性 熊本県在住
写真は元飼い猫のちゃあみぃ

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
来訪者数
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR