FC2ブログ

旧ブログのコメントについて お知らせ

 ここFC2ブログに引っ越した際に、旧Yahoo!ブログで記事に付いていたコメントも自動移行しました。(ただし、1記事に20件を超えるコメントがあった場合には最新の20件だけが移行されて、その前の古いコメントはブログに表示されていません。)

 ところで、ブログの引っ越しによってコメントのパスワード機能が消失して、その結果、コメントした御本人がそのコメントを削除しようとしても削除できなくなりました。もともとコメントはそれを書いた御本人のものですが、ブログの引っ越しによってある意味で御本人のものとは言えなくなってしまいました。
 
 それは分かっていたのですが、やはりコメントは残しておきたかったので、取りあえず移行できる範囲のものは移行させました。コメントをある程度残せたのはうれしいのですが、一方でコメントした人たちに申し訳ないことをしたという気持ちもあって複雑な心境です。

 それで、もし今後、あのコメントは削除したいと思うようなことがあったときは個別に御連絡下さい。管理者権限で削除します。

 理屈としては移行コメント無しで運営するのが正しいのですが、それならLivedoorブログの方が使いやすいような気もして、ちょっと悩ましいところです。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

理屈と現実のどちらを取るかというのはなかなか悩ましいのですよ。だから、あれこれやって見たのです。

私としては、病気によって、もう以前のようにコメントを投稿できなくなっているmatsuさんの心情を考えれば、茶阿弥さんの厳密なお考えは、酷であるようにしか思えません。
私は今朝、茶阿弥さんのコメントを見て、私がFC2に条件を変えて実験を頼んだことが、悪いことだったのかと落ち込みました。
旧ブログの修正・削除期限の8月末までに自分の投稿を削除して、matsuさんらによる先着のコメントの魚拓を取ってURLを添付するという、私の提案を無視なさったことと併せて、貴殿のブログに私が参加することが、御不快であるのか抔とも悩みました。

  実は、Yahoo!では4つのブログへの移行ツールを提供しているので、Livedoor以外の3つのブログのコメント仕様を調べて良さそうなものがあればそちらへ移行することもできるのですが、もうこういうことに時間を使うのもわずらわしくなって来ました。
 ここFC2である程度体裁が整っているので、論理的な不完全さは抱えていても、ここでこのまま行こうかなという気もしています。

ヤフーブログでも既に何度もコメント削除が出来なくなっていた状態がありました。ですからヤフーブログでも、厳密には約束違反をしていたことになりましょう。
そもそもそんなに厳密に考えていても無益だと思います。
ライブドアに移行するのに使用したのがヤフーのツールだったから、管理の問題でコメントは消す仕様であったのでしょうが、ライブドアのツールで移行すれば、設定に注意すれば、コメントは20件残せるようだというMichiruさんの情報もありました。

  Yahoo!ではコメント投稿者が自分のコメントを管理できていたのがFC2への移行によってそれができなくなったというのは、一種の「約束違反」です。だから、本当は移行コメントなしで運営するのが正しいと思っています。
 それで、Livedoorで行こうかと思ってコメントの扱いを調べて見たら、LivedoorはYahoo!と違ってもとからコメント投稿者が自分でそのコメントを削除することはできない仕様になっています。まあ、これは、最初からそれを承知でコメントしてくれ、ということですけどね。
 私としては、それがLivedoorの仕様だとしても、コメント投稿者が自分でコメント管理ができない状態のブログを運営するのは気が進まないところがあります。
 その点、このFC2は、少なくとも今後のコメントについては投稿者が自己管理できるという利点はあります。
 

Yahoo!ブログが(公式に)提供した引っ越しツールではコメントの移行は無しです。これは、コメントの性質が変わってしまうから移行させるべきではないというYahoo!の判断によるものです。一方、このFC2ブログへの移行はYahoo!が提供したものではなく、FC2ブログが独自にコメントも移行できるツールを提供していたので、私が任意にそれを使用したわけです。コメントをどう扱うかはブログ主の判断にまかされているのだと思います。

こんばんは!

小嶋日向守さんの見解に賛成ですね。ブログ引っ越し際の規約とかあるのでしょうか!? 自分が大昔に投稿したコメントを覚えてもいないし、逆に自分の過去の投稿をみて、その記事本文全体を思い出すこともあります。コメントが残っていた方が、強制で消えるよりは有益だと思います。

Livedoorブログで行こうかと考えています。

そうなんです。
移行出来なかったのは、管理の問題なのです。2019/3/26(火) 午前 11:26 に私もそのことをコメントしました。
archive.is/JPmAS
chaamiey.blog.fc2.com/blog-entry-3132.html

常連の方のコメントを復活させるのは、おそらく苦情はないと思うので補足しましたが、後々問題となった場合に備えて、茶阿弥さんに上記のコメントをして戴いて感謝します。
しかし、このインターネット・アーカイブという行為は、短所より遙かに長所が多いものであるからこそ、
国際的にその活動が認められている点があります。
国会図書館の説明です。
http://warp.da.ndl.go.jp/contents/reccommend/world_wa/world_wa02.html

私が、茶阿弥さんにお話していたのは、この「魚拓保存」のURLを添付するというものでした。
プロフィール

Chaamiey

Author:Chaamiey
別名 茶阿弥
男性 熊本県在住
写真は元飼い猫のちゃあみぃ

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
来訪者数
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR