FC2ブログ

外一島=竹嶼という理解の原因

  明治10年太政官指令の「竹島外一島」は鬱陵島とその東2kmにある竹嶼だという意見がネット上でたまに見られる。太政官指令が出されることになった元の資料、すなわち島根県の「日本海内竹島外一島地籍編纂方伺」では「竹島」という名前の島と「松島」という名前の島について質問しているのだから、「松島」と呼ばれたことのない竹嶼が答えになることは無いのだが、外一島を竹嶼とする見方には、『竹島考証』の記述が少しばかり影響している可能性がある。

 『竹島考証』の第24号文書(水路報告第33号)の前に次のような本文がある。

 「以上、甲乙丙丁の議、紛糾定らざること斯くの如しで、現地調査のこともそのまま中止になっていたのだが、明治十三年九月になって天城艦乗員海軍少尉三浦重郷等が廻航の折りに松島に至って測量し、その地がすなわち古来の鬱陵島であり、その北方の小島で竹島という名前のものがあるが一個の岩石に過ぎないことを知って、多年の疑問が一朝にして永解した。その図面を左に掲げる。」

※下線部の原文は「其北方ノ小島竹島ト號スル者アレ共一個ノ巖石ニ過サル旨ヲ知リ」

 このときの天城の「松島」実地調査によって「松島」というのは鬱陵島だということが判明するのだが、その際に「竹島」という名前の島(竹嶼)のことにも言及があるので、太政官指令の「外一島」の「松島」は鬱陵島で「竹島」は竹嶼のことだと考えることになるらしい。しかし、上の解説は外務省の官吏たちがもともと考えていた「竹島」の説明を書いてあるのではなくて、たまたまそこに「竹島」という名前の島があったからそれについての説明-それは単なる岩塊で本来の竹島(鬱陵島)とは全く別物であって、竹島とか松島の正体とは特に関係は無いこと-を書いてあるに過ぎない。これを太政官指令の解釈に結びつけるのは勘違いですね。













スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

Wikipediaの竹島外一島は皆さんの関心が高いためかずいぶんと加筆修正が行われて来ましたが、2018年10月31日が最終修正ですね。いろいろ修正されても、結局、間違いや関係の無い話が多過ぎで、あまり信頼できない記事になっています。例えば、日本政府はこの問題についてはまだ態度を明らかにしていないのに、「日本政府や日本の一部の学者たちはこの「竹島外一島」は架空の竹島と鬱陵島を指していた可能性が高いとしている」とウソを書いてあります。

 ここに外一島は竹嶼だという解釈を書き込んだ人がいたので、ノートでそんなことは言えないという指摘をしたことがあります。それで、今は「外一島は竹嶼」という意見は下のほうに押し下げられています。

 「軍艦天城調査後の竹島外一島」の項目に「1878年、1880年の戦艦天城の調査の結果、当時の日本の近代的地図の松島(Dagelet島)が鬱陵島であることがわかり、竹島は鬱陵島の北東部にあるBoussole Rock(竹嶼)であると報告された。」とあるのですが、この「竹島は」という言い方がちょっと誤解を招くのですね。それを今回の記事に書きました。

こんばんは!

この問題、事実関係の理解が、いまだに混同されて、理解を困難にしていますね。デマのたぐいの言説も出てきています。Gも、本サイトで勉強した基礎知識を忘れてしまいますww

太政官指令の竹島外一島、明治10年ころの当局者は、外一島を松島と明言しています。そして明治13年の軍艦天城の調査で、当時の地図上”松島”が、鬱陵島と判明しました。すると別問題が出てきます。外一島(松島)が、鬱陵島なら江戸時代(元禄・天保)に問題となった”竹島”は、どこにあるのだろう!? 鬱陵島よりさらに西北の朝鮮半島近くに竹島があったように表示されている当時の地図もあります。観念的にはそう考えられたと思います(未解決)。

この問題は、結局意識されず明治38年(1905年)の竹島(リャンコ島)の島根県への編入まで進行していますね。その前年、隠岐島司は、我々は古来より鬱陵島を竹島と呼んでいたが、その島が存在しないとなれば、新島は竹島と命名したほうがよかろうなどと回答しています。

参照するためにひさしぶり、Wikipedia竹島外一島 < を、さらっと読んでみましたが、以前とは記述が変わっているように見えますが。
プロフィール

Chaamiey

Author:Chaamiey
別名 茶阿弥
男性 熊本県在住
写真は元飼い猫のちゃあみぃ

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
来訪者数
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR