FC2ブログ

『反日種族主義』著者に卵攻撃…暴行罪罰金刑宣告

『反日種族主義』著者に卵攻撃…暴行罪罰金刑宣告

2020-07-19  ハンギョレ新聞
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/954230.html

水曜集会で衝突…「歴史歪曲する」として投擲
「一般暴行より危険は少ないが、より侮辱的」


  
 20200719501207.jpg
先月24日、ソウル鍾路区の旧日本大使館前の少女像で、「反安倍反日青年学生共同行動」所属の学生たちが少女像の撤去を要求する保守団体会員たちのデモを防ぐために、少女像に身体を縛って連座デモを行っている。 パク・ジョンシク記者

  「日帝は朝鮮を収奪しなかった」、「日本軍‘慰安婦’たちは性的奴隷ではなかった」という主張を入れた『反日種族主義』の著者に卵を投げたペク・ウンジョン「ソウルの声」代表に、罰金刑が宣告された。
  ソウル中央地方法院刑事24単独イ・キホン判事は、イ・ウヨン落星垈経済研究所研究委員に卵を投げて胸に当てて暴行の容疑で起訴されたペク代表に罰金250万ウォンを宣告したと19日明らかにした。事件は、去る1月8日、ソウル鍾路区の旧日本大使館前で開かれた「日本軍性的奴隷制問題解決のための定期水曜デモ」で起きた。当時、イ委員は水曜デモの現場近くで「少女像撤去及び水曜デモ中断」を促す保守団体集会に毎週参加していた。これを見たペク代表は集会現場を訪ねて行って、「日本は私たちの友人であり同盟です」というプラカードを掲げていたイ委員に「歴史を歪曲している」として卵を投げ、現場で警察に連行された。
  イ判事は、「卵を投げることは一般的な暴行に比べて身体傷害などの可能性は少ないが、被害者としては、誰かが投げた卵で当てられることは、一般的な暴行よりもより侮辱的だと感じることになる」としてイ委員の被害を認めた。また、「言論の自由と表現の自由、一般的行動の自由が誰にもあるということは当然だが、今回の事件はそういう自由の限界内にある行動だと見るのは難しい」として、「そういう自由の限界を抜け出す行動で被告人が処罰を受けた前歴も多数ある」と付け加えた。



<コメント>
 今の韓国の裁判所というのはまともな判断ができないことが多いが、この件では真っ当な判決を出したと言える。李承晩学堂の他の告訴事件でもこういうふうになればいいが。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chaamiey

Author:Chaamiey
別名 茶阿弥
男性 熊本県在住
写真は元飼い猫のちゃあみぃ

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
来訪者数
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR