FC2ブログ

尖閣問題 日本政府の敗北

◆王毅外相に反論できなかった日本の無残な敗北
 11月24日、中国の王毅外相は茂木外相と会談し、会談後の記者会見で「最近、一部の正体不明の日本の漁船が釣魚島(尖閣諸島)のデリケートな海域に侵入している。中国はそれに対して必要な対応をするしかない。この問題に関する中国の立場は非常に明確で、われわれは今後も引き続き中国の主権を守っていく」と述べた。

 これに対して茂木外相はその場で反論することもなく、日中外相会談は有意義で喜ばしいものであったという趣旨の冒頭に述べた感想を否定もしていない。

 実際の会談では日本は尖閣問題に関して「遺憾の意を伝え」かつ「改善を強く求めた」と言い訳しているが、中国側に百万回「遺憾の意」を伝えたところで中国はビクともしないし、「改善を強く求めた」と言ったところで、中国側は「中国の領土領海に日本の漁船らしきものが不当に侵入してくるのはけしからんことで、これを追い払うのは中国の当然の権利であり、追い払う際に船舶の衝突が起きないような海上のメカニズムだけは整えてもらいたい」という姿勢でしかない。

 25日には菅総理とも会談したが、尖閣諸島問題に関して、やはり「中国側の前向きの対応を強く求めた」としているだけで、日本側は誰一人「尖閣諸島を中国の領土などと言うのでしたら、どうぞお帰り下さい。会談はここまでに致しましょう」とは言っていない。

 中国側が300日以上にわたって尖閣諸島の接続水域や領海に進入を続けた上で王毅外相が来日したのは、ここまでの「侵入」でも日本側が何ら具体的な行動を「できないだろう」ということを確かめに来たのである。その証拠に、会談中にも領海侵犯を続行しており、それに対して日本が「こんなことをするようでは、日中会談は成立しないので、ここまでだ」と言わないということは、「この程度までの侵入を日本は黙認したのだ」というシグナルを中国に発したのに等しい。

◆中国のネットでは英雄扱いの「王毅凱旋!」
 中国のネットでは、まるで「王毅凱旋行進曲」を奏でて王毅凱旋のお祭り騒ぎをやっているような熱狂ぶりだ。

 われらが王毅、よくやった!  中国の外交勝利だ!  日本は釣魚島が中国の領土だということを黙認したぞ!

といった声に溢れている。


日本の外交敗北――中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相
遠藤誉 中国問題グローバル研究所所長、筑波大学名誉教授
2020.11.30 中国問題研究家遠藤誉が切る
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/

スポンサーサイト



テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

内閣官房のサイトが内容を拡充して、反論姿勢を示すようです。
https://www.sankei.com/politics/news/201218/plt2012180036-n1.html

「内閣官房領土・主権対策企画調整室は18日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領有を解説するウェブサイトの内容を大幅拡充した。平成26~令和元年度に収集した約2千点の関連資料のうち主要な75点を掲載し、領有権を主張する中国側の根拠を覆している。」


尖閣に関しては石井望先生が頑張っていらっしゃいます。
石井先生は、:ゲリーのサイトにコメントを下さった事もあります。
http://dokdo-or-takeshima.blogspot.com/2007/06/blog-post_23.html
プロフィール

Chaamiey

Author:Chaamiey
別名 茶阿弥
男性 熊本県在住
写真は元飼い猫のちゃあみぃ

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
来訪者数
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR