FC2ブログ

竹島日本領記載 米国地図 第二弾

米国製航空図「黄海」における竹島の記載について

公益財団法人日本国際問題研究所 2020.12.11
https://www.jiia.or.jp/column/20201211-takeshima-on-usaf-chart.html







日本産経新聞 「独島は日本の領土、米42年間一貫して認定」
「米空軍航空地図9枚新しく発掘…確認引用」


2020-12-11 ニュース1
日산케이 "'독도는 일본 땅' 美 42년간 일관되게 인정" (news1.kr)

202012ニュース1
  独島をJAPANと書いたアメリカ政府の1997年航空図。アメリカ国立公文書館所蔵。551は独島の海抜高度(単位はフィート)を示す。(日本産経新聞) (c)ニュース1

  日本の報道が、アメリカが終戦以後1997年まで一貫して日本領土と認定してきた独島を韓国が不法占拠しているという主張を広げた。日本の極右指向の産経新聞は、11日、日本の領土問題を調査・研究する公益財団法人日本国際問題研究所を引用して、「1955~1997年アメリカ政府が作った航空地図に'竹島(独島の日本名)は日本の領土'と指摘されている」と報道した。報道によれば、研究所側はこの日島根県松江市で記者会見を行って、「独島が日本の領土だと指摘されたアメリカ空軍・ジェット機用航空地図9枚を新しく確認した」と発表した。
  今回の調査を主導した島根大学舩杉力修歴史地理学教授は、「(新しく発見された航空地図は)独島の日本保有が確定したサンフランシスコ講和条約(1952年発効)の内容を反映したようだ」としながら「これは日本政府の主張を補強する重要な資料」と主張した。日本は、この条約で日本が放棄すべき領土として済州島、巨文島、鬱陵島を規定していて独島は含まれなかったとし、独島に対する領有権を主張している。
  今回の研究は、アメリカ国立公文書館(ナショナル アーカイブ)で第2次世界大戦後の航空図など約100点を調査して舩杉教授が分析を進める方式でなされた。そのうちの1955~1975年の7枚は1954年版と同じように独島と鬱陵島の間に点線をひいて「JAPAN」、鬱陵島側に「KOREA」と記載されている。航空図についた凡例では、点線を「島嶼主権の境界線」と説明している。また、1985年と1997年に発行された2枚では島の間の点線が消えているが、独島に「JAPAN」、鬱陵島には「SOUTH KOREA」と直接国名を表記している。
  これに対して韓国の専門家たちは「航空図の点線は方向を区分したものであって国境線ではない」と反論していると産経は伝えた。舩杉教授は、しかし、「サンフランシスコ講和条約の前に発行された航空図には点線がない。今まで発見された航空図は条約の内容を反映している」としながら、「条約起草国のアメリカが一貫して独島を日本領と認識したことを現わす資料」と主張した。


<コメント>
 一日経っても韓国の報道はこのニュース1とニューシースの2件だけですよ。かなり効いたかな(笑)





スポンサーサイト



テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chaamiey

Author:Chaamiey
別名 茶阿弥
男性 熊本県在住
写真は元飼い猫のちゃあみぃ

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
来訪者数
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR