FC2ブログ

(再掲) 再考 SCAPIN677 第6項

  これは https://chaamiey.blog.fc2.com/blog-entry-3376.html の記事の再掲で、もとの記事は一部間違いがあったので加除訂正をしたのですが、そのままでは読みにくいので、加除訂正後の浄書版を書いておきます。内容は前回の記事と同じです。

             * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

連合軍最高司令部訓令(SCAPIN)第677号
1946年1月29日

1 日本国外の総ての地域に対し、又その地域にある政府役人、雇傭員その他総ての者に対して、政治上又は行政上の権力を行使すること、及、行使しようと企てることは総て停止するよう日本帝国政府に指令する。
2 日本帝国政府は、巳に認可されている船舶の運航、通信、気象関係の常軌の作業を除き、当司令部から認可のない限り、日本帝国外の政府の役人、雇傭人其の他総ての者との間に目的の如何を問わず、通信を行うことは出来ない。
3 この指令の目的から日本と言う場合は次の定義による。
  日本の範囲に含まれる地域として
    日本の四主要島嶼(北海道、本州、四国、九州)と、対馬諸島、北緯30度以北の琉球(南西)諸島(口之島を除く)を含む約1千の隣接小島嶼
  日本の範囲から除かれる地域として
   (a)欝陵島、竹島、済州島。
   (b)北緯30度以南の琉球(南西)列島(口之島を含む)、伊豆、南方、小笠原、硫黄群島、及び大東群島、沖ノ鳥島、南鳥島、中ノ鳥島を含むその他の外廓太平洋全諸島。
   (c)千島列島、歯舞群島(水晶、勇留、秋勇留、志発、多楽島を含む)、色丹島。
4 更に、日本帝国政府の政治上行政上の管轄権から特に除外せられる地域は次の通りである。
  (a)1914年の世界大戦以来、日本が委任統治その他の方法で、奪取又は占領した全太平洋諸島。
  (b)満洲、台湾、澎湖列島。
  (c)朝鮮及び(d)樺太。
5 この指令にある日本の定義は、特に指定する場合以外、今後当司令部から発せられるすべての指令、覚書又は命令に適用せられる。
6 この指令中の条項は何れも、ポツダム宣言の第8条にある小島嶼の最終的決定に関する連合国側の政策を示すものと解釈してはならない。
7 日本帝国政府は、日本国内の政府機関にして、この指令の定義による日本国外の地域に関する機能を有する総てのものの報告を調整して当指令部に提出することを要する。この報告は関係各機関の機能、組織及職員の状態を含まなくてはならない。
8 右第7項に述べられた機関に関する報告は、総てこれを保持し何時でも当司令部の検閲を受けられるようにしておくことを要する。


 この第6項の意味については、一般に、「第6項では、この指令はポツダム宣言の第8条にある小島嶼の最終的決定ではないことが明記されている」というふうに説明される。私も、竹島問題を調べ始めたころはそういうふうに思っていたのだが、実はどうもそうではなさそうだ。
 
 SCAPがこの指令はポツダム宣言の第8条にある小島嶼の最終的決定ではないことを言いたかったのならば、はっきりとそのように書けば良かっただろう。例えば、「6 この指令中の条項は何れも、ポツダム宣言の第8条にある小島嶼の最終的決定ではない。」というふうに。ところが実際はそうではなくて、「ポツダム宣言の第8条にある小島嶼の最終的決定に関する連合国側の政策を示すものと解釈してはならない。」と言っている。「最終的決定」と解釈してはならないのではなくて「最終的決定に関する連合国側の政策を示すもの」と解釈してはならないということになっている。ちょっと違うんですよね。

  英文の第6項は「Nothing in this directive shall be construed as an indication of Allied policy relating to the ultimate determination of the minor islands referred to in Article 8 of the Potsdam Declaration.」であり、「indication」の意味を辞書で引けば、指示、暗示、指摘、しるし、兆候、気配、証拠というような訳語が書かれている。

  「indication」の意味からすれば、「an indication of Allied policy」とは「連合国の政策の兆候」、すなわち領土の最終的決定に関する連合国の「意図」、「心づもり」、「内心の考え」というような意味なのだろう。つまり、第6項は、「この指令中の条項は何れも、ポツダム宣言の第8条にある小島嶼の最終的決定に関する連合国側の意図(あるいは内心の考え、予定、基本的な考え方、方向性)を示すものと解釈してはならない。」ということになる。言い換えれば、「連合国は後に行う日本領土の最終的決定において、このSCAPIN677で区分しているように日本の区域を定めるつもりだと誤解するなよ」ということです。
 
  そうすると、この第6項は、「ポツダム宣言の第8条にある小島嶼の最終的決定というものは、このSCAPINとは別に存在する」という論理を当然の前提にしていることが分かります。「最終的決定というものは別にあるのだが、その内容がこのSCAPIN677のようになるだろうなんて勝手に推測するなよ」と言っているわけです。
  そもそも、当時の関係者は、SCAPINで「ポツダム宣言の第8条にある小島嶼の最終的決定」をするなんてことは、誰も考えていなかったでしょう。領土の最終的決定は国と国との講和条約によるのだ、というのは当時の関係国首脳、関係行政官、占領関係者たちの常識だったはずです。まあ、そういうことを日本国民大衆も常識として広く知っていたとは言えないにしても、理論的には自明のことです。そういう理論的に自明なことをSCAPIN677にわざわざ書き込むというのは、法令文としてはちょっと変なことです。だから「この指令は領土処分の最終的決定ではない」という当然のことは書かれませんでした。
  
  また、仮に、SCAPIN677に「この指令は領土処分の最終的決定ではない」と書いたとすると、それで万事OKかと言うと、そうでもないのです。そう書いてあれば、それを読んだ者はどう考えるか。「うん、これは最終的決定ではないということだが、そうは言っても、こういうふうに日本を分けたということは、結局、最終的にこういうふうにするつもりなんだろう」と考える者が発生することを防ぐことができません。第6項は、そういう見当違いの予断による人々の混乱や「結局、あそこの島々は外国に取られてしまうことになるんじゃないか」というような不安の発生を防ぐために必要であったはずです。だから第6項は、「最終的決定がこのSCAPIN677のようになるだろうなんて考えるなよ。それは全く別の話だよ。」という意味のことを規定したのです。

  まあ、SCAPIN677は既に何十年も前に役割を終えたものだから、その第6項の意味も今となってはどうでもいい話です、本来は。ところが、広く知られているとおり、竹島問題において韓国のおバカ研究者たちが「独島はSCAPIN677によって韓国の領土になった」などという妄言をまき散らすので、その間違いを指摘するために日本側としてもSCAPIN677に言及することが必要になっています。
  韓国側のこの妄言に対して、日本側からは、普通、「SCAPIN677は領土処分の最終決定ではない」ということと、「そもそも領土処分の最終決定は講和条約によるのであって、SCAPINは領土処分と関係が無い」という指摘が行われます。この二つは実質的意味としては同じことですが、より本質的な言い方は後者のほうです。領土処分の最終決定は講和条約によるのであって、SCAPINに領土処分の効力は無いから、当然SCAPIN677は領土処分の最終決定ではあり得ないという関係です。ただ、「第6項にこの指令は最終決定ではないと書いてある」というように第6項を持ち出すと、それはちょっと違うということになるようです。韓国側へ反論するに当たって第6項は使えないと思います。

  結局、「独島はSCAPIN677によって韓国の領土になった」というバカ話に対する適切な反論は、「SCAPIN677は占領のための暫定措置であって領土処分とは全く関係が無い。SCAPIN677が領土処分を行ったものだと言い張るならば、SCAPIN677がそういう法的効力を有することを国際法で証明せよ」ということでしょうかね。シン・ヨンハ大先生でも証明不可能でしょうけど。

スポンサーサイト



テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

(SCAPIN)第677号1946年1月29日→6 ・・最終的決定ではない< ではなく、・・最終的決定に関する連合国側の政策を示すものと解釈してはならない< なんですよね! 回りくどい言い方、なるほどそういう含意があるということですね。

トンデモ解釈による主張を、予め排除したということですね。国内の法文でも、一見読みにくい条文は、証明責任の分配を含意しています。

(追記19:20)
SCAPIN677を援用するのは、いいのですが、論者によっては、まったくこの第6項を無視して、論旨を展開している方がいます。第6項を無視できず考慮しているだけ良心的ともいえますwそれでも曲解ですが。


プロフィール

Chaamiey

Author:Chaamiey
別名 茶阿弥
男性 熊本県在住
写真は元飼い猫のちゃあみぃ

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
来訪者数
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR